住所や名前に旧字体や特殊文字をお使いの会員の皆様に関しましては、これまでは正式な字体に合わせるべく、外字や手書きで対処してまいりました。
しかしながら、コンピュータでデータを管理するにあたり、いくつかの旧字体や特殊文字はコンピュータが認識しなかったり、宛名が文字化けしたりという問題が生じております。
そこで皆様がお使いの旧字体や特殊文字は常用の字体(JIS第二水準)に置き換えて表記させていただきたいと思います。
例として「高」や「吉」や「崎」といった文字に置き変えて表記されます。
またそれでも置き換えられない文字の場合には仮名文字で表記させて頂く場合もございます。

もしお届けした会報の宛先に修正が必要な場合には、大変お手数ですが、同窓会事務局連絡フォームから情報をお送り下さい。
事務局が管理する名簿情報を修正致します。

何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。